熊本県では2件目の「水道GLP」認定取得の授与式が催されました。再春館「安心・安全」研究所のからのニュース&トピックスです。

  • サイトマップ
  • 個人情報保護

096-366-9372(平日8時30分~17時30分 営業)

トップ > ニュース&トピックス
ニュース&トピックス

2014/08/22

熊本県では2件目の「水道GLP」認定取得
8月18日(月)、東京・日本水道協会で認定証を授与されました。

 環境から食、化粧品等の検査・分析を続ける株式会社再春館「安心・安全」研究所は、このたび、公益社団法人日本水道協会が認定する「水道GLP」を取得いたしました。 この認定を取得するのは、熊本県内では熊本市上下水道局に続き2件目で、民間の登録検査機関では初めてとなります。 この度、2014年8月18日公益社団法人 日本水道協会 理事長室において、「水道GLP」認定証の授与式が催されました(当研究所所長・藤本が出席)。 昨今では水道水質検査機関の増加による価格競争の激化に伴い、検査に対する信頼性の低下が懸念されています。そこで厚生労働省では、2011年10月、登録検査機関には水質検査体制の整備と適切な検査、また水道事業者に対しては登録検査機関との水質検査の適切な業務委託(適切な料金設定を含む)と検査結果の確認を実施することを求める趣旨で、水道法施行規則を改正しました。そこで当研究所では同法の改正に基づき、お客様の水質検査への信頼・期待を高めるべく、「水道GLP」の認定を取得するに至りました。当研究所では今後も、検査・分析の技術を高めながら、熊本県、および全国の皆様の安心・安全な暮らしの一助となるよう努めて参ります。

「水道GLP」認定取得

公益社団法人
日本水道協会 理事長 尾﨑 様

再春館「安心・安全」研究所
所長 藤本